DEPT弁護士法人

田尾賢太

経歴

平成19年03月
香川県立高松高等学校 卒業
平成23年03月
大阪大学法学部法学科 卒業
平成25年03月
京都大学大学院法学研究科法曹養成専攻修了
平成25年09月
司法試験合格
平成26年12月
弁護士登録(大阪弁護士会)

自己紹介

多種多様な事案において、専門的知識及び経験をもとに的確な見通しを立て、迅速かつ丁寧に対応できることが弁護士に求められる能力であり,また依頼者のニーズでもあると考えています。
私がどのような事案においても共通して感じるのは,クライアントと弁護士との間の信頼関係の構築が何より重要であるということです。我々弁護士は,クライアントの皆様から信頼されて初めて,その思いを代弁し,真の利益を追求することができると考えるからです。
今後も,皆様からご信頼頂けるように,さらなる知識の研鑽と実務経験を積み,専門家として物事を俯瞰し,法的知見や経験をもってクライアントの真の利益を実現する弁護士であるために日々精進してまいります。

重点を置く取扱業務

法人のクライアントについては,使用者側労働事件,事業承継(M&A),債権回収,債務整理(破産管財を含む。)など専門性の高い企業法務分野を中心に担当させて頂いております。企業間取引における契約文書のリーガルチェックも得意としております。
個人のクライアントについては,税理士や司法書士と連携して,収益物件の管理業務を含めた資産管理スキームの立案・実行や,相続税対策を見据えた相続処理にも対応しております。その他にも,遺言作成・遺産分割協議等の相続処理,借地・借家を巡る紛争,離婚,交通事故といった一般民事・家事事件についても精力的に取り組んでおります。