Kenta Tao

田尾 賢太

ご挨拶

多種多様な事案において、専門的知識及び経験をもとに的確な見通しを立て、迅速かつ丁寧に対応することが弁護士に求められる能力だと考えています。自らの研鑽はもちろんのこと、日頃から税理士、司法書士、弁理士、社会保険労務士等とのネットワークを構築し、連携をとることで、質の高いサービスをご提供するとともにあらゆる問題に対応します。
今後も、皆様からのご信頼を得るため、さらなる知識の研鑽と実務経験を積み、専門家として物事を俯瞰し、法的知見や経験をもってクライアントの真の利益を実現する弁護士であるために日々精進して参ります。

弁護士 田尾 賢太

経歴

2007年03月 香川県立高松高等学校 卒業
2011年03月 大阪大学法学部法学科 卒業
2013年03月 京都大学大学院法学研究科法曹養成専攻 修了
2013年09月 司法試験合格(67期)
2014年12月 弁護士登録(大阪弁護士会)
2014年12月 弁護士法人海星事務所 入所
2015年04月 DEPT弁護士法人 入所
2019年12月 DEPT弁護士法人 社員弁護士就任

公職等

  • 全国倒産処理弁護士ネットワーク 会員(2018年9月~)
  • 京都大学法科大学院 非常勤講師(2020年4月~)
  • 関西圏雇用労働相談センター 相談員(2020年4月~)

重点を置く取扱業務

[法人]
労働関係法務
事業承継、M&A
倒産手続(破産管財、破産申立、債務整理)
契約文書リーガルチェック、契約スキーム構築
知的財産権関係法務

[個人]
相続手続(遺言作成、遺言執行、遺産分割協議、相続税対策)
資産管理(収益不動産の取得、契約管理、売却等)
不動産関係法務(借地借家、筆界・境界、不動産取引)

主な著書

  • 『弁護士の顔が見える 中小企業法律相談ガイド』共著(第一法規)2019年4月
  • 『契約書リーガルチェックのポイント―事例でみるトラブル条項例―』共著(新日本法規出版)2020年4月